2009年12月26日

テトラポッドのペーパークラフト

完成品

私が作ったテトラポッドのペーパークラフトを公開します。
高さが9cmで、0.5tのテトラポッドの1/10、4tの約1/20、32tの約1/40のサイズになります。
A4用紙1枚から、テトラポッドを1つ作ることができます。
下記のリンクからダウンロードして御利用ください。
tetrapod_new.pdf
※「テトぐるみ」(消波ブロックのぬいぐるみ)の型紙を御探しの方は、下記記事を御覧ください。
「テトぐるみ」の型紙
「テトぐるみ」の型紙(A3版)

実はこのペーパークラフト、3年ほど前から公開していたのですが、利用していたウェブサービスの有料化にともない、1年ほど前に公開を中止していました。
大山顕さん(※NHKのTV番組にも出演している著名人)の「手のりポッド」は、それを無断で加工し、大山さんの自作として公開したものです。
大山さんの作品を盗作したのではなく、その逆ですので、誤解のない様にお願いいたします。
詳細は、下記ページやそのリンク先などを御覧ください。
「工場萌え」で有名な大山顕氏が「デイリーポータルZ」で謝罪、... - GIGAZINE

大山さんの記事によると、以前公開していたものは組み立てづらいそうなので、今回、組み立てやすさも考慮して作り直してみました。
以前のものは私自身も頭の中でしか組み立ててなかったのですが、今回はちゃんと実際に組み立てて確認しましたので、いくぶんましになったと思います。
とは言え、私自身はペーパークラフトについては素人ですので、詳しい方からするとおかしな部分があるかもしれません。
その場合は遠慮なく御指摘ください。


<組み立て方>
■印刷
まず、ダウンロードしたpdfファイルをアドビリーダー(フリーウェア)等で印刷します。

型紙

全部で2ページありますが、どちらのページも線の濃さ以外は同じですので、どちらかを選択して御利用ください。
1ページ目は通常のペーパークラフト同様、印刷が目立たない薄い色の線にしました。
2ページ目は、色のついた紙などでも印刷が見やすい、濃い色の線にしました。
2ページ目を使う場合は、裏面に印刷することをおすすめします。
上記の図のように、(1)〜(4)の4種類のパーツが、それぞれ4つずつ印刷されます。
(※図中の(1)〜(4)の数字は説明用で、実際には印刷されません。)
図中の赤い楔形については、後ほど説明いたします。
写真の試作品では普通紙を使っていますが、ペーパークラフト用紙など、厚手の紙を選んだ方がいいようです。

■切り出し
印刷後、各パーツを切り出していきます。
曲線部分が多いので、おおまかな形をハサミで切り出し、直線部分や細かい凹凸部分については、カッターナイフやデザインナイフを使うと作業が楽でしょう。
曲面パーツ(1)・(2)は、定規などでしごくとキレイに丸まりますが、その際のりしろのギザギザがじゃまにならないように、先に曲げ癖をつけ、あとからのりしろ部分周辺を切り出すといいでしょう。
デザインナイフがなくても、30度の替刃を使えば、カッターナイフで細かい切り出し作業が楽にできます。
刃物を使う際は、ケガをしないように十分注意してください。

■接着
パーツを全て切り出した後、接着剤で貼り合わせて行きます。
木工用ボンドをいらない紙の上などに出し、爪楊枝などを使って塗るといいでしょう。
のりしろ側ではなく、のりしろと重なる側の紙に接着剤を塗るといいようです。
また、接着剤のついた指先でペーパークラフトの表面を汚さないよう、オシボリのようなものを用意しておくといいようです。

脚の製作

まず、パーツ(1)・(2)・(4)を筒状に接着して、上記写真上部のようにしてください。
次に、パーツ(1)と(2)を貼り付け、更にパーツ(3)を貼り付けます。
裏側から爪楊枝の頭の部分で押さえつけると、手の届かない部分もしっかりと接着できます。
最後に、パーツ(4)を貼り付けます。
真ん中に穴が開いているので、内側・外側からはさむようにして、しっかりと接着してください。
上記写真下部の部品が出来ました。
これが、テトラポッドの脚の部分になります。

4つの脚

残りのパーツも組み立て、全部で4つの脚が出来上がりました。

脚の接合

脚を2つずつ接着してください。

完成!

最後にこの2つを接合して完成です。
中心に向けて、4つの脚に均等に力を加えると、キレイに接合できると思います。

■注意点等
パーツ(4)は、最終的にはそれ自体がのりしろとなり、同時に曲面を保持するための骨のような役目もしています。
本来、出来上がった時点で表面には見えないパーツなのですが、実際に組み立ててみると、縁の部分が少しだけ見えてしまったりするようです。
その際、縁に印刷の線があると余計に目立つので、パーツ(4)を切り出すときは、印刷された線の内側でカットするといいようです。

パーツ(1)・(2)は筒状に丸めて作るので、どうしてもその接合箇所が表面に残ってしまいます。
そこで、実際のテトラポッドに現れる型枠接合部のラインと、同じ箇所で接合するようにしました。
これで、型枠のラインが部分的に再現されることになります。
型枠のラインを全てを再現したい場合は、切り出しの際、ペーパークラフトに印刷された赤い楔形をつなぐように、カッターナイフなどで軽く筋を入れておいてください。
(※切り離さないように注意。)

ペーパークラフトをはじめて作られる方は、下記ページも事前に御覧になって、基本事項をおさえておくといいでしょう。
ペーパークラフトの作り方 | ヤマハ発動機株式会社


(2009.12.27 追記)
今回公開したものは、細かい部分も再現していますので、結構製作がたいへんだと思います。
大山さんが公開された「手のりポッド」のように、面取り部分を省略したものも配布しています。
「手のりポッド」の代用

(2012.05.23 追記)
情景師・アラーキーこと荒木智さんのジオラマ作品に使用していただきました。
とても参考になるので、ぜひ御覧ください。
「港の片隅で」

最後に念のため。
このペーパークラフトの御利用は個人で楽しむ範囲で御願いいたします。
無断で商用利用はしないでください。
また、自作として発表したり、無断で配布したりしないでください。
ファイルを編集加工したものも同様です。

※わかりにくい表現かもしれませんので、補足しておきます。
ペーパークラフトを組み立てたものや、それ以外の用途に型紙を利用した創作についても、御自身の責任において公開する分には問題ありません。
つまり、ペーパークラフトを型紙にしたぬいぐるみを公開するといったことも、基本的には問題ないということです。
ただし、あたかも全て御自身で創ったかのように偽ったり、無断で商用利用したりといったことはせず、利用したペーパークラフトの配布元を明記するようにしてください。
また、このペーパークラフトを用いて、テトラポッドのイメージを損なうようなこともしないでください。
ペーパークラフトから新たに型紙等を製作され、それを配布したいとお考えの方は、一度私に御連絡ください。
内容にもよるかと思いますが、前向きに対処・協力したいと思います。
ゴチャゴチャと書きましたが、クリエイターとして恥ずかしいことをせず、通すべき筋を通していれば、特に問題は無いと思います。

●関連記事
「手のりポッド」「テトぐるみ」について
大山顕氏の不正について
●「工作」の最新記事
「テトぐるみ」の型紙「テトぐるみ」の型紙(A3版)テトラポッドのダンボールクラフトテトラポッドの折紙「手のりポッド」の代用
posted by Mcguffin at 00:59 | Comment(11) | TrackBack(0) | 工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
cloud9scienceの管理人のyu-kuboと申します。

お知らせとリンク、ありがとうございました。
時間を作ってMcguffinさんのテトラポッドも作ってみようと思います。
Posted by yu-kubo at 2009年12月27日 16:59
コメントありがとうございます。

線が濃いバージョンは、yu-kuboさんのアイデアを拝借しました。
ありがとうございます。
実際に作られた方の意見は参考になります。
また何か気がついたところがあれば、ぜひコメントしてください。
対応できる分は、対応したいと思います。
Posted by Mcguffin at 2009年12月27日 18:19
そんなに怒ること?反省してるんだし。嫌な書き方ですね。
Posted by tetra at 2010年02月08日 12:23
tetraさん、コメントありがとうございます。

仰りたいのは、大山さんの不正に関してのことだと思いますが、まず、当記事においては、そのことを触れずに記事を書くことはできません。
というのは、大山さんの不正は、大山さんが書かれた「手のりポッド」の記事ほど知られておりません。
もし説明がなければ、「手のりポッド」を御存知の方の多くは当記事を見て、「手のりポッド」を盗作しているだとか、二番煎じだといった誤解をされたと思います。
これは、そもそも、大山さんやデイリーポータルZが、不正の事実を周知させるための努力を十分されていないことに問題があります。
私自身、自分のブログをこのような記述で汚したいとは思いませんでした。
説明するまでもなく、十分知れ渡っていれば、書かなくてもよかった内容です。
その上で、当記事においては、必要最低限の記述になるように心がけて書いたつもりです。
当記事においては、大山さんの行為に対する怒りは表現されていないと思いますが、気になる部分があれば、具体的に教えてください。
よろしくお願いいたします。

あるいは、他の記事について、気になる表現があったのかもしれません。
例えば、下記の記事などは、他の記事よりも厳しい表現があったと思います。
http://mcguffin.seesaa.net/article/138987133.html
はっきり言って私は怒っています。
「テトぐるみ」の作者は、その開発に1年近い時間をかけておられます。
アイデアを思いついたときまでさかのぼると、もっと長い時間がかかっています。
その努力が、大山さんの愚かな行為で台無しになったのです。
本当に大山さんは十分な反省をされたのでしょうか?
誰にでも間違いはあります。
今回の場合、大山さんは迷惑をかけた人たちに十分な説明をして、問題が起きた原因を理解し、二度と同様の問題を起こさないように、何かしらの対応をされるべきだと思います。
それが反省するということだと思います。
私の立場としては、それを見届けてはじめて心から許せるのです。
大山さんは、私だけでなく、「テトぐるみ」の作者にも、十分な説明をされていませんでした。
それで十分な反省をしたと言えるのでしょうか?
tetraさんがもし、私の立場だったら、「テトぐるみ」の作者の立場だったら、そんな風に考えてみてください。
もし、将来、大山さんが同様の問題を起こしたら、「また、」大山さんを見逃した自分自身を私は許せないと思います。
そんな思いをしないために、今、怒りをちゃんと表現しておく必要があると、私は思っています。

確かに、上記リンク先の記事では、
"大山さんには、自ら告白し謝るべき事がまだ残っていると、私は考えています。"
など、思わせぶりな表現をしている部分もあります。
そういった表現が癇にさわる方もいるだろうとは思いました。

一つは、あの記事ではあまり不正の詳細には触れないでいようと考えていたからです。
あの記事は主に、「手のりポッド」「テトぐるみ」を楽しんでくださった方に向けて書いたものでした。
"今まで通り、「手のりポッド」「テトぐるみ」を楽しんでほしい"
ということと、私自身の教訓でもある、
"私と同じような立場になったら、黙っていないで抗議して欲しい"
ということ、大山さんの名誉回復のための、
"利益の処理方法については、私も同意していますので、誤解の無いように"
ということを伝えるためのテキストでした。
そこに、
"「テトぐるみ」の作者御二人に不正はありません。”
"「テトぐるみ」は作者御二人のオリジナル"
という、御二人の名誉を回復するため記述を追加したものです。
最後の追加事項を最優先し、なおかつ、誤解の無いように気をつけて書きました。
御二人の名誉を回復するために書いた結果、大山さんの行動に問題があったことが浮き彫りになりましたが、それは必然でした。
それでも最低限に抑えた結果が、あの記事の内容です。

一つは、大山さん自身が、自ら反省する機会を残しておきたいという考えがありました。
誰でも間違いを起こすことはありますが、他人に指摘される前に、自ら気付き改めることが最善の行動だと思います。
自ら改めることができなくても、他人から指摘されたときには、素直に認めて改めればいいのです。
そのどちらも、大山さんはできませんでした。
だから、私は怒っているのです。
大山さんには、私が指摘する前に、「自ら告白し謝るべき事」に気付き、最善の行動をとって欲しいと思います。

思い当たるのはそんなところなのですが、気にさわる表現が他にあるなら、具体的に教えてください。
よろしくお願いいたします。


後日、これまでの経緯を記事にして、今件に区切りをつけるつもりです。
その中には、私自身の間違いもちゃんと書くつもりでいます。
それを読んでいただくまでは、まだ十分な説明ができません。
モヤモヤとしたものを感じている方もおられるかもしれませんが、しばらくお待ちください。
Posted by Mcguffin at 2010年02月08日 23:32
はじめまして。
テトラポッドのペーパークラフト、欲しかったです。
テトぐるみ発売の頃に存在を知り、その後の経緯、気になっていました。
なにはともあれ、素敵なものを公開していただき、ありがとうございます。
Posted by 大空を自由に舞う小鳥 at 2010年05月18日 13:43
大空を自由に舞う小鳥さん。
コメントありがとうございます。

消波ブロックの魅力については、以前よりもさらに目覚めてしまったところがあるので、今後もいろんな形でそれを伝えて行きたいと思います。
出来ればわかりやすい形で。
ペーパークラフトについても、もう少し簡単で丈夫に作る方法を模索しています。
他のブロックについても、ペーパークラフトを作りたいという思いもあります。
もちろん、私自身が楽しみながらです。

忙しくて更新が減ることもあるでしょうが、今後も続けていくつもりですので、ときどき覗いていただけると嬉しいです。
Posted by Mcguffin at 2010年05月18日 23:39
楽しみにしています。
個人的には粘土で簡単に作れないかな? なんて思ってるんですが。

これからも創造的なご活躍、期待しています。
がんばってください。
Posted by 大空を自由に舞う小鳥 at 2010年06月25日 15:52
大空を自由に舞う小鳥さん。
コメントありがとうございます。

粘土で「テトラポッド」を作りたいということですね?
粘土細工は詳しくないので的外れかもしれませんが、
「テトラポッドのダンボールクラフト」
http://mcguffin.seesaa.net/article/148425519.html
を作ったとき、粘土や石こうでミニチュアを作る際の土台にも、使えるのではないかと思いました。
隙間の部分に粘土を詰めていき、形を整えれば、粘土でも狂いの少ない物を作れるような気がします。
公開している型紙は、作りやすさを優先してあのかたちになりましたが、円形のパーツを増やせば、よりそれらしくなります。
http://mcguffin.seesaa.net/article/153612265.html
円形パーツを増やす位置を決めれば、型紙の計測からその半径も求まりますので、それ程難しくはないと思います。
よかったら試してみてください。
Posted by Mcguffin at 2010年06月27日 00:15
テトラポットはかわいいけど、諍いはうざい
Posted by なお at 2014年04月18日 22:46
>>なお
正当な権利を正当に主張する行為のどこがうざいって?
Posted by ナナシー at 2014年08月06日 15:36
作の公開前に、公証人役場で登録されれば良かったと思います。
Posted by Alpha at 2016年04月03日 19:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136576882
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。